ヒュンダイモーターカンパニー・キアモーターズコーポレーションが PTC PLM システム導入の第 1 フェーズを完了

強力なパートナーシップにより短期間での展開が予定通り進行

【 2012 年 2 月 15 日】 製品開発を支援するエンタープライズ PLM ソリューションのリーディング・プロバイダである PTC (本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼 CEO:ジェームス・ E ・へプルマン)の日本法人である PTC ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:桑原 宏昭)は、本日、ヒュンダイモーターカンパニー・キアモーターズコーポレーション(現代・起亜自動車グループ)におけるエンタープライズ PLM (製品ライフサイクル管理)システム導入の第 1 フェーズ(段階)が成功裏に完了したとの米 PTC の発表を明らかにしました。現代・起亜自動車グループは現在世界第 4 位の自動車メーカーで、最も高い成長率を誇ります。

現代・起亜自動車グループは意欲的な事業拡大計画の実行に向け、グローバル開発を実現し、急速に変化する製品要件に対応するために、堅牢な PLM システム導入に関する優先順位を高く設定しました。同社は、広範囲にわたるベンチマークテストと選定プロセスを経て、2011 年初旬に全社 PLM システムとして PTC の PLM ソリューションである Windchill® を選定しました。Windchill 導入により、複数の既存システムを単一プラットフォームに統合し、車両開発に関わる重要な製品データや関連プロセスを管理することになります。

PTC の Windchill は、現代・起亜自動車グループの中核となる研究開発部門での導入・展開が進行しており、CATIA、Pro/ENGINEER® (現 Creo®) を含む様々なシステムからの設計データを含む車両全体のデータを管理する環境を構築しています。さらに、Windchill は、車両の設計変更の増加により複雑化するプロセスに対応し、また、総合的なデジタルモックアップ (DMU) 環境を提供します。

現代・起亜自動車グループ エグゼクティブバイスプレジデント兼第 4 車両開発センター長のカン・チャンキ (ChangKy Kang) 氏は「現代・起亜自動車グループは、新たな考え方を導入することで新たな可能性が広がるという理念を掲げており、この考え方が戦略的 PLM パートナーとして PTC を選定することにつながりました。厳しいスケジュールの中、計画通りに導入を成し遂げた PTC と当社のプロジェクトチームとの連携には非常に満足しています」と述べています。

PTC は現代オートエバー (Hyundai AutoEver) 社とのパートナーシップにより、タイトなスケジュールの中、システム展開の第 1 フェーズを予定通り完了させることができました。Windchill システムは、昨年末に現代・起亜自動車グループの主要開発プログラムにおいて展開され、今後、すべての車両開発プログラムで活用される予定です。

PTC 社長兼最高経営責任者 (CEO) のジェームス・ E ・ヘプルマン (James E. Heppelmann) は「現代・起亜自動車グループは、製品の設計、開発、提供に関して、次世代の考え方を持っており、それには次世代のテクノロジーが必要です。同社が事業拡大に向けた新たな一歩を踏み出したことは明らかであり、PTC が業界の新たなリーダーの戦略的パートナーであることを誇りに思います。さらなるテクノロジーを全社で活用いただくべく引き続き協業していけることを楽しみにしています」と述べています。

第 1 フェーズの完了に伴い、第 2 フェーズのプランニングが開始されます。

PTC の自動車産業向けソリューションは、製品設計や製品ライフサイクル管理における自動車メーカー/ OEM およびサプライヤ企業のニーズに対応すべく開発されています。PTC の 3 次元設計、製品データ管理、コラボレーションのためのエンタープライズソリューションは、パワートレインサプライヤ上位 10 社中 8 社、自動車メーカー/ OEM 上位 5 社中 3 社で活用されています。


関連情報

 
PTC について
PTC (本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC) は、製造業における構想から設計、調達、サービスに至るまでの製品ライフサイクル全体にわたり重要な業務プロセスを最適化するために開発されたソフトウェアとサービスを提供することを通じて、企業の製品戦略上の価値の最大化を支援しています。PTC の統合ソリューションは、設計部門と企業、サプライチェーン、サービスパートナーネットワーク全体にわたって、製品の革新、コラボレーションの強化、製品データの完全性の確保を実現するものです。1985 年に創立された PTC は世界各国に 6,000 名以上の従業員と 27,000 社を超える顧客を有しています。

PTC ジャパンについて
米 PTC の日本法人(本社:東京都新宿区)。全社に渡り製品イノベーションへの貢献を可能にする新しい設計ソフトウェアファミリーの Creo、製品データ管理/製品開発コラボレーション/製品分析・品質ライフサイクル管理の Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理などアプリケーション・ライフサイクル管理の Integrity、ダイナミック・パブリッシング・システムの Arbortext、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad といった革新的な製品を組み合わせたエンタープライズ PLM ソリューション「製品開発システム (Product Development System: PDS)」、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供しています。
1992 年 3 月設立。国内 5 事業拠点。Web サイト:http://www.ptc.com

PTC の Twitter、LinkedIn、および YouTube は、以下の URL よりフォロー、ご覧いただけます。
Twitter:http://twitter.com/#!/PTChttp://twitter.com/#!/PTC_Japan
YouTube:http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn:http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook:http://www.facebook.com/PTC.Inc


※顧客による PTC ソフトウェアの導入、配備または採用の発表は、必ずしも当該契約の売上の時期または金額を示すものではなく、特定の期間における PTC の全ての売上を示すものでもありません。

※PTC の社名、ロゴマークおよび The Product Development Company、Windchill、Windchill Product Analytics、Arbortext、Creo、Integrity、Mathcad などすべての PTC 製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

PTC Community